鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

決断の時が来るのは仕方ないのかな

私に似てるって娘がラインしてきたミルキーソフト。

 

 

私は下膨れじゃねぇ!(笑)

 


f:id:amgmc:20210815145802j:image

 

 


f:id:amgmc:20210815145817j:image

 

 

主人に買ってもらいました。

 

 

甘くて美味しい。

 

 

今日は義母と母の関係で病院→区役所→施設→区役所→施設→区役所→病院と回りました。

 

 

 

「腹減った〜。」と言う主人。

時計を見たら14時でした。

そりゃあお腹空くわね。

 

 

久しぶりにステーキのどんへ。

 

 

その後、母の補聴器の電池を購入しに電気屋さんへ行きました。

 

 

途中、義母の主治医の先生から主人に電話がはいりました。

 

 

やはり口からの栄養補給は無理とのこと。

薬もです。

なので点滴で補給。

 

 

そして腎臓が悪く、排泄も困難で、管を通して排尿しているとのこと。

膿が混ざった尿が出ていて、薬も投与したいけれど何せ高齢のため、ドカーンと強い薬は使用できないらしいです。

 

 

このまま弱っていくのは仕方ないのか。

 

 

食事を自力でできない限りは施設に戻ることは不可能です。

 

 

これからいくつかの判断決断場面が出てくるのでしょう。

つらいけれど…。

 

 

義母と母の為にまだまだ元気でいないとな。

メンタル弱いけど…。

 

 

 

夜には長男を実家に送るので、本日二度目の堺入り。

とほっ。

 

 

鬱な私の日記でした。


にほんブログ村