鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

紙オムツが外せない

結局、乗馬と韓国語教室は休会を決意。

 

 

乗馬クラブはネットで済んだのですが、韓国語教室は教室まで出向いて書類にサインして提出しないといけないと言う。

 

 

電車で行く元気もなく、昨日主人がお休みだったので車に乗せてもらって行ってきました。

 

 

 

一ヶ月の休会だと翌月は必ず復帰しないとダメらしく、二ヶ月休会することにして、もし大丈夫そうなら一ヶ月の休会で良いとのこと。

 

 

なので、二ヶ月の休会を申し込みました。

 

 

 

今日も目覚めたのは12時半。

 

 

何もしたくないのです。

 

 

 

コロナワクチン2回目の接種後に38℃の発熱があり、落ち着いたかと思ったら倦怠感と便秘。

 

 

定期受診とは別に内科医にかかり、薬を出してもらったけれどもスムーズにはいかず、水分だけが出る。

 

 

それも無意識に出てしまう。

 

 

 

なので、母が実家にいるときに市から支給されていた大量に余っている紙オムツをもらって履いていました。

 

 

今では薬も終わって通常に戻ってはいますが、いまだにショーツに戻すことができていません。

 

 

もしももしも。

 

 

そう思うと怖くて。

 

 

思いきれる日がくることを願って。

それも自分自身の心の問題。

 

 

鬱な私の日記でした。


にほんブログ村