鬱な私の日日日記

鬱病から躁鬱。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

答えなし

「オッパー、何で私ってこんなんなん?」

 

 

 

毎日聞くこと。

 

 

 

「それでええねん。そのままで。」

答えなんてありません。

 

 

 

今日は起こされるまで起きられなくて…。

 

 

 

私がカーテンを開けられるようになるまでは、主人はそのままにしてくれたし文句も言わなかったです。

 

 

 

最近は遅くても7時には起きられてて。

 

 

 

今日も起こされはしたものの目覚めは悪くなかったです。

 

 

 

一緒に朝食を取れるのが嬉しくて。

 

 

 

殆どが主人が用意してくれます。

特に珈琲は必ず主人が淹れてくれます。

私はお手伝い程度です。

 

 

 

遅出の主人をお見送りして念入り掃除しました。

 

 

 

体力のなさからか疲れてしまって10時半から13時まで爆睡。

 

 

 

主人からの電話で起きて昼食。

これは自分で作ります。もちろん。

簡単にですけど…。(笑)

 

 

 

夜は主人が帰る頃を見計らって、私が用意します。

 

 

 

 

この時間になると段々と気分が低下していきます。

 

 

 

頓服の出番です。

 

 

 

最近は父とほぼほぼ毎日メールのやり取りをしています。

すぐに終わるけど…。

安否確認も兼ねて。

 

 

 

 


f:id:amgmc:20220701154251j:image

晴れ時々曇り。

予報では最高気温37.0℃。

 

 

 

ベランダに出ただけでモワッと嫌な空気。

 

 

 

今日もカーテンを開けることができました。

 

 

 

鬱な私の日記でした。

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村