鬱な私の日日日記

鬱病から躁鬱。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

一人暮らしはもう限界

昨夜は妙幸庵と言う蕎麦屋さんで夕食にしました。

 

 

 

自転車でぷらっと。

気分が低迷していた私を主人が連れ出してくれた形です。

 

 

 


f:id:amgmc:20220713190152j:image

天ぷらそばとかやくご飯。

 

 

 

 

前回行ったときにはいい間違えて“うどん”を注文してしまったのです。

 

 

 

もちろん、出汁が美味しいので、うどんでも良かったのですが…。

蕎麦を食べたかった…。

昨日は気をつけてハッキリと“蕎麦!”と言いました。(笑)

 

 

 

帰りにサイクルショップで自転車に空気を入れてもらいました。

主人の自転車はそろそろタイヤ交換時期みたい。

 

 

 

父からメールが来て、父の姉である私の伯母が夜に転倒し、そのまま朝まで起き上がれなかったそうで、ちょうどデイサービスの送迎の運転手さんが異変に気づき娘である私の従姉に連絡を取って来てもらったけど、うろたえてしまって判断ができずに、父と伯母の従妹に電話して対応を仰いだそうです。

 

 

 

救急車で病院に搬送され検査。

骨折はなかったものの打撲あり。

 

 

ケアマネさんに相談したら、もう一人暮らしは無理との事で、すぐに施設に入って様子を見て、最終的に入所する施設を探すそうです。

 

 

 

当日、デイサービスがなければと思うと身震いします。

 

 

 

従姉も施設に入所することを「寂しい」だとか「ボケるから」等と我を通すことはできないでしょう。

 

 

 

従姉が伯母のところへ駆けつけたときには従姉の旦那さんは家でごろごろしてたそうです。

 

 

 

一度だけ、私が前夫と離婚するずっと前に家族同士で食事したことがあるけれど、常に上から目線で偉そうな人と言う印象。

父も同感。

 

 

 

車に従姉を乗せて駆けつけてあげればいいのに。

薄情です。

 

 

まぁ、昔から何もしてくれない人だったとか。

 

 

 

でも今回含めて、伯母が高齢になって危険な状態なのは知ってるはず。

お前の母親だからお前がやればいいと言うところでしょうか。

 

 

 

いい方向に向かう事を願います。

 

 

主人が今日までお休みなので、

今朝は朝イチでスーパーに行き、買い物して来ました。

 

 

 

今、すごい睡魔が襲って来ています。

でも眠れそうにありません。

 

 

 

大相撲も日曜日から始まっているけど、自分の中であまり盛り上がっていません。

 

 

 

先週金曜日の衝撃的なニュースから気持ちがまだ離れられていないというのがあります。

 

 

 

しんどいなぁ。

 

 

 


f:id:amgmc:20220714100554j:image

曇り時々雨予報。

今日もカーテンを開けることができました。

 

 

鬱な私の日記でした。

 

 

 


にほんブログ村