鬱な私の日日日記

鬱病から躁鬱。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

二度と

 

 

 

 

 

 

昨日帰ってから、母の表情などを思い出し胸が痛み落ち込んでしまいました。

 

 

 

主人は「今、mashanのできる精一杯をしてるんやからそれでいい。」と言います。

「今日もおばあの安全の為に入院手続きできた。」

 

 

 

毒を吐いてた母がやつれていく。

その毒を憎んでいた私なのに、その時が恋しい。

 

 

 

もう、あのときのような活発な母を見ることは二度とないでしょう。

 

 

 

拒食、拒薬せずに前の母に(せめて食事はしてほしい)戻ってほしい。

 

 

 

生を拒否することはしないでほしい。

 

 

私の願い。

 

 

 

 


f:id:amgmc:20221016131911j:image

晴れ時々曇り、27℃予報。

カーテンを開けることができました。

 

 

 

全く食欲がありません。

母のこと言えないな。

が、主人が心配するので簡単に食べます。

 

 

 

鬱な私の日記でした。

 


にほんブログ村