鬱な私の日日日記

鬱病から躁鬱。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

驚いた。墓じまい

 

 

 

 

 

昨日、長男が実家へ帰って行った。

少し寂しい。

珍しく一日一緒に過ごしたからね。

 

 

 

最近見慣れない服を多数着ていて「買ったん?」と聞いたら「ううん。前に買ったもので、痩せたから着られるようになっただけやで。(笑)」

 

 

 

確かにすごく痩せた。

ダイエットする気はなかったけど、晩ごはんを食べなくなって痩せたと。

 

 

うちへ来たときは食べたりする。

 

 

 

家の鍵を持ってくるのを忘れたからと言って、うちへ再び帰ってきて、うちから出勤していった。

 

 

 

仕事が終わる時間には前夫が帰ってるので家には入れると言う。

まぁ起きてる時間には帰らなければいけないけど。

 

 

すごいもんだ。

 

 

 

今日は主人が朝食後、どっか行こう!

行きたくない。

 

 

でも行くとしたら?

 

 

日下(父方のお墓があるとこ)と石切神社

 

 

 

仏花買って出発。

 

 

 

高速で30分ほどで到着。

 

 

 

六地蔵さんに一礼してお墓参り。

すると何と!

 

 


f:id:amgmc:20221206170652j:image

お墓がない。お骨もない。

すぐに父に電話するも繋がらない。

写真とともに“どうなってるん?”とメール。

すると今日の昼に電話しようと思ってたと。

 

 

持って行ったお花はお地蔵さまにお供えして、石切神社へ。

 

 

 


f:id:amgmc:20221206170855j:image

 

 


f:id:amgmc:20221206170904j:image

外に出ないので、今年初の紅葉見るかも(笑)

 

 


f:id:amgmc:20221206170913j:image

 

 


f:id:amgmc:20221206170954j:image

 

 

人生初のお百度参りをした。

母の為に。

いや、正直言うと自分の為だな。

まだ悲しい思いはしたくないから。

 

 

 

主人も一緒にしてくれた。

ありがとう。

 

 


f:id:amgmc:20221206171205j:image

必死に祈った。

主人があとから言うには私のお百度参りは夢遊病者のようで、倒れるんじゃないかと心配してくれてたらしい。

 

 

他に老若男女いろんな方々がお百度参りしてた。

 

 

 

終わって本殿に再度お参りした。

 

 

遅い昼食は鳥居出てすぐの食堂。

ここのおでんが味がしゅんでて大変美味しい。

きつねうどんとおでん。

主人なんて5つも食べてた。(笑)

 

 

 

参道商店街を巡って、お漬物やお饅頭、おこわおにぎり、鰯の甘露煮、味噌にんにく等買って帰路へ。

 

 

 

帰ってきて着ていた服を脱いで洗濯。

 

 

父から電話があり、日曜日にお坊さんに来てもらい

管理事務所の方立ち会いで、墓じまいしたらしい。

 

 

父の従妹に「mashanがお参りしてくれるから早めに言っておいたほうが良いよ。」と言われ、「そうやなぁ。電話するわ。」と言ってたのが今日。

 

 

午前中は買物に行くから昼からと思ってたら、まさかの写真添付されてきたから驚いたと。

 

 

昨日今日の話だから。

ごめんごめん。当日電話しといたら良かった。

疲れすぎてできなかったと。

 

 

お墓はなくなるけど、合祀という形でお骨を納めてくれてる像があるので、次回からはそこへお参りとなる。

 

 

 

父方の祖母は父が7才の頃に亡くなって、祖父は私が生まれてすぐに亡くなって顔も知らない。

 

 

唯一見たことがあるのは祖父の写真のみ。

 

 

 

勝手気ままなお墓参りだけれど許してね。

 

 

 

父の姉(私の伯母)は病院で意識のないまま人工呼吸器で生きてる状態だそう。

 

 

先日、医師の許可を得て面会に行ったけど、見ているのがつらかったと。

 

 

 

母の場合は延命治療はしない旨伝えている。

本人の元気なときの希望でもあったし。

 

 

 

何だか不思議な一日だった。

 

 


f:id:amgmc:20221206174952j:image

晴れ時々曇り 13℃予報。

石切神社の駐車場からの空。

自宅カーテンを開けることができました。

 

 

 

鬱な私の日記でした。

 

 

 

 


にほんブログ村