鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

プライバシー侵害する警察組織

離婚してからは色々な手続きが必要でバタバタした。

でも現夫が全て付き添ってくれたお陰でスムーズに進んだ。

 

現夫は母と私の確執も知っているけど、母一人子一人、どんなことがあっても母に違いないのだからと、とても大切にしてくれた。

 

子供たち3人も。

 

ある日、前夫から「会社から協議書のコピーを提出せよと言われた。」とメールが来た。

前夫の言う“会社”とは警察組織のことだ。

 

プライバシー侵害。

 

私の国保の保険証コピーも提出せよ。とのこと。

 

この時点では、現夫と同居していたので現夫の国保に入れてもらっていた。

前夫はまだ現夫とのくわしい事情は知らなかったので(想像はしていただろうけど)書類関係は見せたくはなかった。

 

納得できないので警察本部に電話した。

電話に出た担当者は「上司に相談します。このような電話相談は初めてです!」だって。

 

何もかも特権だと思うな馬鹿警察。

個々の人間は別として、私は警察組織は今でも大嫌いだ。

 

上がバカな人ばかりだからこうなるんだろうけどね。

 

結局提出せずに済んだ。

不思議だな。

 

 

 この頃から少しずつ、母と息子たちの間で口喧嘩が増えてきた。 

ただ、すぐに仲直りしていたので、それほどの心配もしていなかった。

 

 

私が体験してきた、母の性格によるものが原因のものが多いのだろうと思っていた。

 

でも実は違っていた。