~鬱な私~ゆるーり、と。

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。

ほうれんそう

最近、ぼやくことが多くなっているなと自分でも思うのですが、またひとつボヤキを書いてしまいます。

 

母は現在、歯科医院にも通院しています。

 

つい先日朝一番の予約だった為、母は早起きが苦手ながらも頑張って早起きして準備してヘルパーさんを待っていました。

いざ歯科医院に行くと「予約時間は12時ですよ。」と言われたそうです。

 

ところが当日は耳鼻咽喉科の予約も12時となっていたので歯科医院の方は諦めて耳鼻咽喉科だけを受診したのだそうです。

 

 

母には申し訳ないのですが、一方的に母だけの話を聞くわけにはいきませんからケアマネさんに電話をして聞いてみると

ヘルパーさんの勘違いによる間違いでした。

 

次回の歯科受診日も連絡がないまま、こちらからケアマネさんに問い合わせたら“明日です”とのことだったので、母に伝えて再度当日にも「今日が歯医者さん行く日だからね。」と電話を入れました。

 

母は前もって知らされたことを忘れてしまうので、大切な対応です。

 

それでも理解したあとはそのことだけが記憶に残り、そればかりを気にするので大変と言えば大変です。

 

母は当日、準備してヘルパーさんを待っていました。

ところが待てどもヘルパーさんは来ないので

こちらからケアマネさんに連絡すると「歯医者さんは明日になりました。」との返事です。

 

前にも「介護認定に関わる調査の日取りが決まり次第連絡します。」と言いながら連絡がこないので、こちらから聞いたら「○月○日です。」と、もう明日明後日に迫る日にちです。

 

確かにその施設で介護して頂いているのは母だけではありません。

ケアマネさん、ヘルパーさんは何人とも関わっておられるのでしょう。

 

私には想像すらできない大変さがあるのだと思います。

 

私たち夫婦は離れて暮らしているので、私たちが関われない部分を担って頂いている感謝はしていますが、お願いしている連絡は欲しいです。

 

いつも大切な連絡もこちらから電話をすると「今電話しようと思っていたところなんです。」とおっしゃいます。

 

 

「今、出先なので戻ったら連絡します。」と言ってかかってきたことはありません。

 

時にイライラして待ちます。

 

電話がないだろうと思って、最近では催促だと思われてもいいのでこちらから連絡するようにしています。



f:id:amgmc:20170725154659j:image

 

 

ビジネス社会で広められていると言う

“ほうれんそう”

ほう=報告

れん=連絡

そう=相談

 

は、どんな場面においても大事な ものではないかと思います。

 

家族間でも“ほうれんそう”を大切に行いたいと思います。

 

 
にほんブログ村