鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

友達って何?それはたぶんとてもシンプルなものなんだと思う。

                    『矢と歌』  ヘンリー=W=ロングフェロー

 

空にむかって射たわたしの矢は

どこへ飛んでいって落ちたろう

すばやい矢の勢いは目もすら追うことはできない

 

 

空にむかって歌った歌は

どこへ消えていったろう

どんなに目ざとい人でも  この歌声の

そのゆくへを見ることはできない

 

 

 

ところが何年もたったのち

射た矢は折れずに かしの木に突き刺さっていた

歌った歌は   そのまま

友だちの心に  ちゃんと残っていた

 

 

 

 

 

これはアメリカの詩人の詩です。

 

 

遡ること40年前、中学校のキャンプ合宿で知り合った人(キャンプのお手伝いをしていたお兄ちゃん、たぶん教育実習の一環だったのかも?大学四回生) に教えてもらった詞です。

 

青春真っ只中だった私には感動の詩でした。 

 

 

 

当時の私には私自身が“友達”と呼べる子が複数人いたと思います。

 

 

毎日会うにもかかわらず、手紙を書いたり交換日記したり。

 

 

 

家庭環境が良くなかった私には学校が居場所だったり、友達と過ごす時間が宝物だったり。

 

 

でも、私の歌った歌は誰の心にも残らなかったみたいです。

 

 

って、そもそも私は歌を歌わなかったのかも知れないです。

 

 

 

昨夜、この詩を教えてくれたお兄ちゃんの夢を見ました。

 

 

元気にしてるでしょうか。 

 


にほんブログ村