鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

小さい奴

9時起床。

 

薬を飲んで再び布団へ。

 

 

12時過ぎの主人からの電話で起きました。

 

 

母が入院している病院から電話がかかってきたとのことで、「探していた補聴器はどうしても見つからないので弁償します。」だそうです。

 

つい先日補助が出て、支払いを済ませたところです。

 

ある一定期間を過ぎないと補助は出ないので、全額で15万円の高額になります。

 

 

弁償してもらえるとは言え、何だか後味の悪い結果です。

 

 

 

母の補聴器は耳穴型のオーダーメイドなので、耳鼻咽喉科へ再び通院しなければならなくなりますので、現在入院中の母を誰が連れていくのか、それも話し合いたいとのことでした。

 

 

家族=私たちと言うことになると思います。

 

 

 

あーあ。

 

 

昨夜は食事もせず、今朝も食欲がなく、でも何か食べないと薬も飲むし. . 。

 

特に糖尿病と高脂血症の薬は食事を取ってからと薬剤師さんから注意されているので。

 

 

大のご飯好きな私が米粒を食べないのはおかしい。

 

 

どこか病み病み。

 

久しぶりにトースト食べました。

大好きなはっさくマーマレードで。


f:id:amgmc:20180227145201j:image

 

美味しかったです。

 

 

今日も天気が良くて暖かいですが、ヤクルトレディさんの訪問以外は外の空気に触れていません。もちろん、カーテンも開けていません。

 

やっぱり外出の翌日はダメです。

 

 

そんなところへ前夫からメールがきました。

「○○(次男)は相変わらずお金に汚ないです。
毎日の様に事故届けを出せ、出さないのなら早く修理に出せ、事故現場や警察への届けについて行ってやると言っても動こうとしません。
又いつものように、やるやると言いながら何もせずうやむやにして、痺れを切らしてお父さんが修理するのを待っていると思います。本当にお金に汚ないです。」

 

 

 

 

自分の息子にお金に汚いとはなかなか言えません。

 

それに修理に出さないなら車の使用も許可せず車のキーも取り上げればいいんです。

 

 

まともに注意もせず、普段から徹底して向き合うこともせず、怒りを私にぶつけてくる方がおかしいです。

 

 

夏に母のクーラーを止めてブレーカーまで落としたり、節約と言って、温まりもしない昔の石油ストーブ使って室内でジャンパーを着て、うるさいほど「寒い寒い」と文句言って毎回長男に「ファンヒーターあるねんから、それにすればいいやんか!」と言われているあんたの方がお金に汚いと思っています。

 
f:id:amgmc:20180227151039j:image

 

 

 

 

前夫から送られてきたメールをそのまま次男に送りました。

 

 

次男ももちろんちゃらんぽらん過ぎますが。

 

 

私にではなく、本人ともっと真剣に話し合うべきです。

 

 

あーうざ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村