鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

오빠(オッパ)の作ってくれたハムエッグは美味しい

本日、8時起床。

 

主人のお見送り後すぐに布団へ行き、再び眠りました。

 

 

12時半にかかってきた主人からの電話で目覚めました。

 

「昼飯食ったかぁ?」

 

「今起きたー。」

 

 

「ハムエッグ作ってあるから、トーストでもいいから食っとき。」

 

 

「はい。」

 

 

一人放っておいたら食事もしないなんてダメですね。

 

 

わかっちゃいるけど面倒で。

 

 

結局、トーストしてくるみバター塗ってハムエッグと共に頂きました。

 

 

主人が作ってくれるハムエッグは塩加減がちょうど良くて冷めても美味しいんです。

 

 

 

오빠(家では主人のことをこう呼んでいます)ごめん&ありがとう。

 

 

 

さて、主人が帰ってくるまでにできることをしておこう。

 

 

そう言っても限られるんだけどね。

 

 

トイレ掃除しよ。→これは結構マメにやります。

 

 

明日からは長男が泊まりに来るので、部屋の掃除もしないと。

 

 

そう言いながら煙草吸って腰を上げられない私。

 

 

あと一時間ゆっくりしてからにしよう。