鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

みゃあ〜   くろちゃん

次男が一番最初にお迎えした猫ちゃんのくろちゃん。

 

 

次男の出向中に具合が悪くなり、ご飯食べない、オシッコ出ないで前夫が病院に連れてって診てもらったそうです。

 

 

注射?点滴?してお腹を押さえるようにしてやっと出たとか…。

 

 

 

今は次男が病院に連れてってるみたいです。

 

 

詳しくはわかりませんが…。

 

 

この子は次男の3番目の彼女(猫好き)とお付き合いしてるときに、今の家に引っ越すまでに住んでいた宿舎隣の公園で野良でいたところを保護した猫ちゃんです。

 

 

今いる4匹のうちのボス的存在です。

 

 

もう年なのかなぁ。

 

 

次男はこれほどまでに猫好きだったかと思うほど。

 

 

くろちゃんの次にあずきちゃん、次にはるちゃん、のんちゃんと4匹。

 

 

 

長男のお迎えのときに私も見ますがかわいいです。

 

 

 

でも、くろちゃんでは母と前夫の間に揉め事があったなぁ。

 

 

母の布団の上やソファにオシッコしても前夫は知らん顔。次男もです。

 

 

確執がありましたからね。

 

 

それでもやらなければならないことはやらないと。

 

 

結局長男が対処してました。

 

 

母は施設に入って良かったと思ってます。

 

 

毎月施設から送られてくる通信に写る母は穏やかでにこやかな顔をしています。

 

 

前夫には夏にはクーラー使えないようにブレーカー落とされたり、冬は冬で電気カーペットのプラグ取り上げられたりと相当ひどいことされましたから。

 

 

 

表向き前夫とは穏便に接していますが、私は絶対に前夫を許さない。

 

 

話がそれちゃいましたが、生き物を飼うということは責任がかかってくるものです。

どうかくろちゃんが苦しみませんように。

 

 

鬱な私の日記でした。


にほんブログ村