鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

精神科の薬って

副作用として“体重増加”ってあるんですよね。

 

 

私も漏れずに増加しました。

 

 

入らなくなったジーンズやその他の衣服。

捨てられずに“いつか、いつか”と箪笥の肥やしになってました。

 

 

 

まぁ副作用だけじゃなくて、お腹が空いたら何でも食べてましたから…。

 

 

 

ところが…。

 

 

コロナワクチン2回目の接種後に発熱、関節痛が落ち着いたと思ったら胃腸の調子が悪くなり、お通じも悪くなり最悪でした。

 

 

頓服飲んで人工的に出してた感じ。

 

 

そうこうしているうちに、ご飯が食べられなくなって、特に夜に何かをお腹に入れると朝に気持ち悪くなって食べなくなりました。

 

 

お腹も空かない。

 

 

主人は“食”には厳しいので、とにかく食べさそうとするけど、吐き気まで出てしまう私を見て、食べられるものを少しでもって感じで理解してくれるようになりました。

 

 

 

そんな日が続いて、今もご飯粒は食べられなくてパン等を食べてます。

 

 

 

朝は食事を取らないと飲めない薬があるので軽く食べますが、夜は翌朝の事を考えてほとんど食べません。

 

 

豆腐やバナナとか…。

 

 

 

ダメ元で肥やしになっていた服を出してきて着て(履いて)みました。

 

 

 

昔履いていた乗馬のキュロットも。

 

 

 

何と何とスッと入りました。

まだ余裕もあります。

 

 

 

あんな苦しみはもう嫌だけれど、食については落ち着いているので良しです。

 

 

 

鬱な私の日記でした。

 

 

 


にほんブログ村