鬱な私の日日日記

鬱病から躁鬱。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

喋り倒した

昨夜、お昼に起きてきた娘と主人が帰ってくる19時過ぎまで喋り通しでした。

 

 

 

声が枯れました。(笑)

 

 

 

日頃お互いに引きこもりで話し相手がいなくて、帰ってきた主人や夫くんだけですから…。

 

 

 

笑ったり泣いたり…。

 

 

 

温かいブクマコメント頂いて大変嬉しかったです。

 

 

 

娘はスポーツ全く駄目で、バレーボールを観るだけという。

が、昨日主人が帰ってきてからプロ野球見て主人の解説聞きながらヤクルト対阪神の試合を見ました。

 

 

 

面白かったと言います。

 

 

 

試合終わって21時過ぎに送っていきました。

 

 

お礼のLINEで

「久しぶりにあんなけ喋り倒したから、◯◯(夫くん)はしばらく静かに過ごせるかも(笑)
もしかしたらおかちゃんの傷つくこと言ったかもしれへんけど、そのときの感情も含めて今って思えるようになってん。離婚っていい話ではないかもやけど、あんときのおかちゃんには必要やったってわかるし...。なんか関係性がまた変わった?感じする。だから、おかちゃんも私・◯◯(長男)・◯◯(次男)に引け目(?なんかな?)感じる必要ないで。感じるかもしれへんけど、そっから先にうちらはもう進んでると思うねん。だれかて後悔するし、うちら暇やからすぐ過去のこと振り返ってまうけど、今とこれからをみていこな」

って送ってくれました。

 

 

 

私はいまだに3人の子供を置いて家を出たことにトラウマを持っています。

これ、娘にも言いました。

その時の情景は一生消えないと思うとも言いました。

 

 

 

娘も私の追い込まれた状態を認識しつつ、おかちゃんと離れたくないと思ったと言いました。

 

 

 

傷口に塩を擦り込むような話ですが吐き出せて良かったです。

 

 

 

消えはしないし、えぐられる思いだけれども、今の関係性を持って生きて行きたいと思ってます。

精神科の先生からも過去は変えられないから前を向いて生活していって下さいと言われています。

難しいですけどね。

 

 

 

今朝はゆっくり寝て9時に主人に起こされました。

 

 

スマホ見たら前夫からメールが届いていていました。

 

 

 

次男が昇進試験の最終試験に行ったと。

四次試験まであります。(警察官)

 

 

 

筆記試験、論文、面接、剣道と柔道、無線。

 

 

 

合格は残りの半分だけだそうです。

ハード過ぎる。

 

 

 

合格を祈りますが、もし駄目でも腐らずまたチャレンジしてほしいと思います。

 

 

主人に言わせると、私の考えはネガティブらしい。

そうかもしれない。💦

 

 

 


f:id:amgmc:20220730104605j:image

晴れ時々曇り予報。

最高気温は36℃だそうです。

外には出たくない気温です。

今日もカーテンを開けることができました。

 

 

鬱な私の日記でした。

 


にほんブログ村