鬱な私の日日日記

鬱病から躁鬱。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

笑いながら恐ろしい行為を

 

 

 

 

 

 

昨日、主人が母の入院先の看護師さんに母の様子を聞くため電話してくれました。

 

 

 

私は電話が苦手なのと、今は怖くて聞けないですので。

 

 

 

食事は完食。

薬はたまに吐き出す。

オムツかぶれは処置してくれている。

 

 

 

母はニコニコ笑いながら点滴の針を抜くそうです。

笑ってはいけないけれど、苦笑いと不気味。

 

 

 

なのでミトンを付けているそうです。

 

 

 

今朝は主人に起こされて8時過ぎに起きました。

 

 

 

朝食後、母の通帳管理の為に銀行へ主人についてきてもらって通帳記入。

 

 

 

入院していても施設の利用料は引かれるので痛いですね。

 

 

 

今日は何も予定がないので家で過ごします。

 

 

 

主人は私をどこかへ連れ出そうと色々提案してくれますが、メンタルの調子が良くないので難しいです。

 

 

 


f:id:amgmc:20220930102722j:image

晴れ、30℃予報。

カーテンを開けることができました。

 

 

 

鬱な私の日記でした。


にほんブログ村