鬱な私の日日日記

鬱病から躁鬱。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

優しい息子

 

 

 

 

 

 

昨日の精神科受診は私にとって少し良いものになったと思う。

 

 

 

毎回、仙人先生には癒やされているのだが。

 

 

 

今日は主人は仕事。

早出なので帰りも早い。

気分が違う。

 

 

夜中2時半に目覚めたら主人は起きていて(サッカーとうまんちゅ見てたらしい)

玄関見たけど長男の靴はなし。

朝方見たら脱いであった。

朝帰りか。(笑)

 

 

 

競馬はジュベナイルフィリーズがある。

穴馬いるか?

パドック見て決めよう。寝ていなければ。

 

 

 

と思っていたら主人をお見送り後に12時半まで寝てしまった。

明らかに過眠。

 

 

 

 

色々な夢を見た。

子供3人の幼い時の夢とか。

かわいくてかわいくて仕方がない。

今でも気持ちは一緒。

 

 

 

主人からの電話で目覚めて「昼ごはんしっかり食べや。」

 

 

……………………………。

 

 

 

長男が作ってくれて一緒に食べた。

食後の珈琲まで淹れてくれて、洗い物もしてくれた。

長男は作るのが好きで、苦にせずしてくれる。

ありがたい。

 

 

セロリの漬物と味噌にんにくも一緒に。

 

 

ゴミ箱から出していたゴミ袋(ゴミが入っている)が崩れて、中のゴミが散乱。

 

 

軽いパニック。

 

 

長男が手早く片付けてくれて「おかちゃん、心配せんでえぇ。コロコロ持って来といて。」

 

 

 

すぐに元通り。

 

 

 

「こんなもん、簡単なことよ。おかちゃんはできへんからって悩まんでえぇ。できるもんがやったらえぇ。」

 

 

 

救われた。

 

 

 

シャワーして出かけて行った。

いまだにどこへ行ってるのか教えてはくれない。(笑)

安全に気をつけて。

 

 

 


f:id:amgmc:20221211135409j:image

曇り、16℃予報。

カーテンを開けることができました。

 

 

鬱な私の日記でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村