鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

反動日は寝るに限る。

本日、昨日の反動で寝る日になりました。

 

 

 

大阪国際女子マラソンがあって、忍者走りの安藤?選手や松田選手、前田選手と興味はいっぱいあったのに、睡魔には勝てませんでした。

 

 

スタート地点が自転車で行ける範囲なので、一度主人と二人で見に行ったこともあります。

 

テレビで見るより、スピードが早くて一瞬でしたけど。

 

 

昼食に主人がドミノ・ピザ(炭火焼きビーフとクワトロ大人マヨ)を買ってきてくれたのを三人で食べて、すぐに布団の中へ。


f:id:amgmc:20180128171946j:image
 

 

 

 

夢をみました。

21年前に亡くなった祖父が出てきました。

 

炬燵に足を入れて丸くなっている祖父。

祖父に頼まれ、3つの鍋に栗を入れて煮ている母。

 

ふきこぼれて、その汚れを拭き取っている私。

 

 

母は和服で、道行を着て出かける模様。

 

私「どこいくの?」

 

母「チョッと出かけるだけ。」

 

私「また男の人?」

 

母「あれこれ口出しするんちゃうよ!」

 

私「. . . . 」

 

 

結局、栗は私が見届ける結果に。

 

 

もう一つは、主人とお引っ越し。

 

お洒落な白い建物で、一つ一つの部屋が広いのですが、駐車場には、鳥取砂丘から運び入れたのか?と思うほどの砂が積もっています。

 

 

そこには煙草の吸い殻や空き箱、ストロー等が捨てられています。

 

 

軍手をはめて、ゴミ拾いしたあと、砂を水で流す作業。

 

水圧が低すぎて思うように砂を散らすことができません。

 

 

 日が暮れても家の中には入れない私。

 

何気なく家を見ると、カーテンが閉まっていて、部屋の中を見ることもできません。

 

 

いつになったら中に入れるんやろぉ?

 

 

と思ったところで「相撲始まるで。」と主人に起こされました。

 

 

今日は千秋楽。

 

 

栃ノ心おめでとう。

 

 

何だか体がだるいけど、夕飯の用意始めようかな。

 

 

 

 

 


にほんブログ村