鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

離れて暮らしている父との関係性

昨日、父にメールをしました。

 

 

 

父母は私が小学3年生の時に離婚して、私は母に引き取られましたが父に引き取られていたらどうなっていたのでしょうか。

 

 

父は再婚したので義理の母に気遣いしながら過ごしていたでしょうか。

病に倒れ亡くなりましたが…。

 

 

 

母は元々私を引き取るつもりはなく、父に預けようとしていたところを祖父母に説得され、私を引き取ったそうです。

 

 

 

祖父母のおかげで経済的には恵まれていましたが、母の男性遍歴で悩まされた時期が長かったのです。

 

 

 

私は感情が乏しい面もあり、父に対しての思い入れは深くありません。

 

 

ただ、父も年を取り私に対して申し訳ない(離婚によるもの)気持ちがあると言う事が伝わってくるので、気遣う気持ちも生まれてきました。

 

 

私としては離婚は父のせいではなく、母の一方的なものであったので、全く責めたりと言う気持ちを持った事はありません。

 

 

 

特に娘が定期的に父にメールをして近況報告をしている、私のことをいつも気にしていると聞き、私もメールを送るようになりました。

 

 

私の子供3人から「おじいちゃん」と呼ばれるのも嬉しいようです。

 

 

 

父方のお墓参りも行きます。

 

 

 

父からの返信はいつも長文です。(笑)

 

 

 

父も大相撲が好きなので、共通の話題はありますので困ることはないです。

 

 

 

心配なのは父に万一の事があった場合に、それを知ることができるのかどうか。

 

 

父には養子にもらった男の子(今は35〜6才かな?)がいますが全くお付き合いはありません。

未だ働かずに父を頼っています。

普通に(普通って何やろ?)元気な成人男性です。

 

 

 

実家の近所に父の姉がいますが高齢なので、これまたどうなるのやらと…。

 

 

 

心臓に持病もあり、心配ではありますが、なるようにしかならないのだなと思います。

 

 

 

鬱な私の日記でした。

 

 

 

 


にほんブログ村