鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

冷房入れていいんだよ

時間がかかると思ってた駐車場と駐輪場の灯りは直ってました。

 

 

主人が管理会社にお礼の電話を入れてくれました。

 

 

 

防犯上も安心です。

 

 

今朝は8時前に起床。

珍しく早起きできました。

たぶん二度寝来ると思うけど…。

 

 

出勤前の主人が珈琲を淹れてくれました。

ありがとう。

 

 

昨日から冷房を使い始めました。

主人がONしてくれまして…。

 

 

電気代が気になるので夕方から、寝る時、朝まで(寝室)というので良いかなと思ってる私。

 

 

主人は暑いときに使用する為にあるものは使わないと。

時間制約必要なし。と言う考え。

 

 

私が何故フル稼働させないかと言うと、前夫からは厳しく18時〜しか使用させてもらえなかったからです。

 

 

そのくせ日中は「暑い!暑い!」と文句を言われてて、それが擦り込まれていた為。

 

 

 

まだ支配されている部分があることに嫌気。

 

 

精神科の先生に言わせると、それもトラウマの一つだって。

 

 

主人と暮らし始めて考えは主人の言うことに“なるほど”と思うようになってきたものの、まだ我慢をしようとする自分もいます。

 

 

そりゃあ冷房が入ってる方が快適です。

 

 

 

今は主人と暮らしているのだからそれでいいんだよねって自分に言ってます。

 

 

鬱な私の日記でした。

 

 

 

 


にほんブログ村