鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

呪縛

本日は一日中寝てました。

 

 

朝に一度起きて、お昼に起きて、今まで寝てました。

 

 

昨日の銀行へのお出かけが堪えたのか…。

弱い。

 

 

当然のように悪夢連続。

 

 

いまだに前夫が出てきます。

 

 

前夫と義実家へ行き、弟夫婦と皆でご飯を食べるのですが、グミのようなものが義実家の壁に張り付いていて、それを剥がしていたら元義父に怒鳴られるというもの。

 

 

義母は蒼い顔をしてこちらをじーっと見ているだけ。

私一人が浮いてる。

 

 

もう一つは私の実家が非常に散らかっていて片付けていると、前夫が布団に包まって寝てしまう。

全くの知らん顔。

やたらと喉が渇き、何台もの冷蔵庫を探すも冷えてはいない炭酸水があるだけ。

飲んでも大丈夫?でも生ぬるい炭酸水飲んでも気持ち悪くなるだけ。

 

 

タッパに入った肉じゃがや腐った味噌やら散乱してる。

どこから手をつけたら良いのやら…。

 

 

前夫は私の動きに苦虫を噛み潰したような顔をして私を睨みつけてくる。

「離婚したい。」と言うと鼻で笑う。

この人から逃げることはできないんだと諦めの心境。

 

 

目覚めてホッとしたと言う状況に疲れが出てしまって何もする気が起きない。

 

 

いつになったらこんな悪夢から開放されるのか。

 

 

鬼滅の刃たまごっちは寝ている間に煉獄さんに変化していました。

 

 

重い腰をあげようか。

 

 

お読み頂きありがとうございましたm(__)m

 

 

鬱な私の日記でした。


にほんブログ村