躁鬱な私の日日日記

鬱病から躁鬱。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

面会と身障者手帳申請とCoCo壱番屋カレー

今日のシールは鬼の猗窩座。

 

 


f:id:amgmc:20211129124707j:image

 

お前も鬼にならないか

 

 

凄まじい力を持つ十二鬼月·上弦の参。

煉獄杏寿郎に鬼になるよう強く呼びかける❢

 

 

 

本日は主人がお休みで、自分の用事で銀行と郵便局に連れて行ってもらいました。

 

 

 

その後、予約を入れておいた母との面会。

 

第一声が「嬉しいわ!!!」

施設での暮らしに慣れてスタッフさんに大事にされているのが母のふっくらした頬と肌の艶を見て感じ取る事ができます。

穏やかな気分で過ごしているんだろうな。

 

 

 

実家にいた頃の前夫の意地悪、放置の生活を思うと天国と地獄の差があります。

 

 

 

面会時間は15分以内と決められているので、少ししか話せませんが、顔を見られるだけで幸せです。

 

 

施設の駐車場降りた所に咲いていたお花。

 


f:id:amgmc:20211215181618j:image

 

 

 

オンラインだと母は理解できなくて、付添のスタッフさんに私たち夫婦の説明を話し出します。(笑)

 

 

母の口から「お父さん(主人の事)、mashan、ありがとうね。」と出てくると涙が出そうになります。

 

 

親として、主人に「mashanは気が強いけど頼んどきます。」と言います。

 

 

気が強かったのは遠い昔のことだわ。(笑)

 

 

今私は主人に依存して生きてます。

 

 

面会中、気になったのが母の眼鏡。

ズレて落ちてきている。

本人はあまり気にしてない様子。

でも明らかストレスになるよ。

 

 

 

前の眼鏡のフレームが折れてしまって、本人は病院以外の外出はできない為、壊れにくいグニャってできる?フレームの眼鏡を作りました。

レンズの度数は以前の検査してもらったときのカルテが残っていたので問題なしです。

 

 

が、それ故緩むのも仕方ないみたいです。

 

 

なので、眼鏡だけ預かって眼鏡屋さんへと持っていきました。

 

 

やはり、見てもらったら締めるのは限度があり、また緩んできやすいそうです。

 

 

後ろで止めるベルト?のようなものを購入してみました。

施設長さんに預けましたが、そのベルトがストラスになるなら取ってもらって結構です。と伝えて施設を後にしました。

 

 

 

次は区役所へ行き、身障者手帳の申請。

 

 

約50日ほどかかるそうです。

待つしかないですね。

何級になるのやら。

 

 

 

 

お昼ごはんにCoCo壱番屋カレー食べようって主人と話してたけど店内改装で、本日と明日は休業ですって。

 

 

もう帰っちゃおう❢

 

 

でも、カレーの口になってるよなってことで地元のCoCo壱番屋へ行きました。(笑)

 

 

主人はカキフライカレーとコーンサラダ。

 

 

私は海の幸カレー2辛とたまごサラダ。

 


f:id:amgmc:20211215181818j:image

 

 

夕ご飯になってしまいました。💦

 

 

パン屋さんでメロンパンとクロワッサン購入。

 

 

 

今、主人はスヤスヤとソファに座ったまま寝ています。

 

 

 

 

母が「お父さん(主人のこと)は休みないなぁ。ごめんやでぇ。」と言ったことが心に残ります。

 

 

 

今日もありがとう。

 

 

躁鬱な私の日記でした。

 

 

 

 


にほんブログ村