躁鬱な私の日日日記

鬱病から躁鬱。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

俎板の鯉状態

今日のシールは伊之助くん。

二種目。

 

 


f:id:amgmc:20211205133612j:image

 

どいつもこいつも俺が助けてやるぜ

 

 

炭治郎の同期となる。

猪突猛進かつ好戦的な鬼殺隊の剣士。

山育ちで鋭い感覚を持つ。

 

 

 

 

昨日、父とメールのやり取りをしました。

父母は私が小学3年生の時に離婚して、現在の父は枚方に養子でもらった男性の息子と住んでいます。

再婚したおばさまは数年前に肺癌で亡くなっています。

 

 

 

私の今の状態を記すと、父も心筋梗塞(軽度)で飲んだ薬の影響で薬剤性急性肝炎になったことがあり、私と同じくらいの数値が出たとか。

即入院で、お風呂も禁止の絶対安静だったそうです。

 

 

そう言えばお見舞いに行った記憶があります。

関西医大病院だったかな。

 

 

私に「とにかく医者の言うことを聞いて早く治して!心配やから…。」と。

 

 

 

結果が出るまであと一週間。

 

 

 

何が嫌って入院だけれど、精神科はどうするのかとか薬は?とかとか…。

 

 

 

やっぱり精神的ダメージが大きい。

 

 

 

今でこんなだから当日は冷静でいられないと思う。

俎板の鯉状態。

 

この性格は変えられない。

 

 

文庫本を少しずつ読んでます。

 

 

 

躁鬱な私の日記でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村