鬱な私の日日日記

鬱病から躁鬱。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

気がかりができた

肝生検の脇腹傷口はかさぶたになっていて、今は絆創膏を貼っています。

 

 

 

シャワー後に主人に貼ってもらっています。

 

 

 

痛みはありません。

 

 

 

昨日、母の夜の不潔行為?が内紐スウェットに変えてから落ち着いているのか確認の電話を入れてみました。

 

 

 

ズボンをずらしてはいたものの不潔行為はなかった様子。

 

 

 

でも、たまたまであって何の解決にもならない。

実際、ズボンを下ろしてしまってるんだから。

 

 

 

 

 

 

これで解決しないとどうするんだろう?

まさか手の拘束あり?

 

 

 

精神科病院に保護入院しているときには、歩行困難なのにトイレに行こうとするから全身拘束されていたのをお見舞いに行った時に(コロナ前)見てるから辛くて…。

 

 

 

5年日記を読み返しても当時の私の母に対する思いが綴られていて思い出すだけでも胸が痛みます。

 

 

 

 

母はオムツの中に用を足すのに抵抗を感じるのだな。

綺麗好きな人だったからな…。

 

 

 

認知症でわけがわからなくて触っているのではないと思ってます。

 

とにかく不快なんだと思います。

 

 

気がかりが一つできました。

 

 

 

主人からは「年を重ねるごとに心配事は増えるのは仕方ないから、施設の人と考えながら対処していくしかないで。」と言われました。

そうだよね。

 

 

 

レビー小体型認知症と診断されてから5年か。

 

 

 

とにかく穏やかに過ごしてほしい。

 

 

 

施設入所してから4年。

 

 

 

前夫と生活していた時には意地悪もされて地獄も見たから今は心配はあるけど天国です。

 

 

 

施設の方にお任せして、私ができることをしていこうと思います。

 

 

競馬ヴィクトリアマイルは7番入れてなくてハズレ。難しいなぁ。

白馬ソダシは強い!

 

 

 

今朝は6時前に目覚めました。

主人はまだ夢の中なので、先に朝食。

 

 

 


f:id:amgmc:20220516070522j:image

曇り。

今日もカーテンを開けることができました。

 

今日はお買い物に行くぐらいです。

 

 

躁鬱な私の日記でした。

 

 

 


にほんブログ村