鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

何もかも、そんなこと知るかよって気持ちです。

前夫が先日の緊急入院から退院したと旅行中の一昨日、本人からメールで連絡が入りました。

 

 

 

 

 ところが、昨日また緊急入院したそうです。

 

 

今回は心筋梗塞

 

朝6時頃、二階で寝ている次男に電話して「胸が苦しいから病院に電話して。」と。

 

 

病院へ行くとすぐにカテーテル

 

 

だったそうです。

 

 

母の食事の段取りがあるので、長男から私に連絡が入りました。

 

 

命に別状はないものの、現在集中治療室にいるとか。

 

 

心筋梗塞は二回目です。

 

 

 

 

人の命は大切です。

病気になって良かったね。なんて思う人はいないはず。

 

 

しかし今の私には、前夫を思いやる心がありません。

 

 

 

前夫が行ってきた、私や母、そして娘への仕打ちを考えると、心を配ることがどうしてもできないのです。

 

 

今の関係性も、母がいなければ持ちたくもないものです。

 

 

口先だけの「おだいじに。」 

 

 

こんな私は憎しみに執われた愚か者でしょうか。

 

 

息子たちにとっては父親なので、口が裂けても心のうちは話すことができません。

 

 

心に澱がたまっています。

 

 

解放される時は来るのでしょうか。

 

 

そして、今朝、5時半頃に母からのコール音。

 
f:id:amgmc:20171225101248j:image

 

「昨夜の夕食後と寝る前の薬飲むの忘れた。もう、今から飲んだらアカンよね?」

 

 

「アカンよ。」

 

 

そして再び9時半頃にコール音。

 

「何?」

 

「今日はデイ?」

 

「そうや。昨夜電話で言ったやろ?」

 

 

私たちが思うより、母の認知症の度合いが進んでいるのかもしれません。

 

 

どうなっていくのでしょうか。

 

 

今日の目覚めは非常に悪いものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村