鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

亡くなった人に会いたいのだけど。

悩んだ末、外に出てみることにしました。

 

 

ローソンでおやつ買ってスーパーダイエーへ。

 

 

何故かスマホが固まり、ローソンでは楽天ポイントGETできずでした。

 

 

明日は今年初めて長男が家へ来ます。

 

 

お正月、前夫の入院があったり、試験があったりで毎週土曜日のお泊まりは延びていました。

 

 

何か、やっと来るんだって感じです。

 

 

久しぶりにカレーを炊こうと思います。

 

 

叔母を思い出しながら。

 

叔母のことをきぃばあと呼んでいました。 

 

 

きぃばあは母のすぐ下の妹で(母は三姉妹の長女です。)13年前、胃ガンで亡くなりました。

 

 

最後まで自分の病を知らないままに。

 

 

でも、自分の死期を感じていたのか、娘が高校入学前に「好きなものを買ってあげるから何でも言いや。欲しい家具とかないん?」と娘にしきりに尋ねていました。

 

 

悩む娘に「きぃばあに時間ないから早く決め。」

 

 

ドキッとしたのを覚えています。

 

 

叔母にも二人の孫がいましたが、息子の嫁とうまくいってなくて、なかなか会わせてもらえなかったのです。

 

 

叔父は叔母のことを庇うわけでもなく、自分一人良いおじいちゃんになって、時に叔母のことを悪者にしていました。

 

 

私は叔母が亡くなってからは叔父とお付き合いはありません。

 

 

たま~に母を訪ねては来ているようですが。

 

 

一度、母の一番下の妹の主人(叔父)のお葬式の時に会ったかな。

 

それでも挨拶程度で終わりました。

 

 

 

 

叔母には私の子供たち3人、本当によくしてもらいました。

 

 

叔母の家からPLの花火が綺麗に見えるので、毎年「見においで~。」と声をかけてくれてました。

 

 

 

 

その時のメニューが決まってカレーなんです。

 

子供たちはそれが楽しみで、「きぃばあのカレーは美味しい。」と喜んでいたのを思い出します。

 

 

とにかく、子供たちと同じ目線で話をし、よく遊んでくれました。

 

 

 

叔母は小さな体がいっそう小さくなっていきましたが、不思議なことに痛みで苦しむことなく、一瞬の心臓発作のような逝き方でした。

 

 

子供たちは深い悲しみに涙が止まらず大泣きしていました。

 

もちろん、私は覚悟はしていたものの、きぃばあがいなくなるなんて信じられず、しばらくは脱力感でいっぱいでした。

 

 

いまだに子供たちからは「何で、性格が一番いいきぃばあが一番に亡くなったんやろ。」と言う言葉が出ます。

 

 

桜の花が咲き誇る季節でした。

 

 

 

 

きぃばあに会いたいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村