鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

3月は普段より1つ2つ予定が多く入りました

9時起床。

 

 

今朝は主人のお見送りもでき、布団に戻らず起きられています。

 

 

主人と私の誕生月である2月も今日で終わり、明日からは3月です。

 

 

3月は1つ2つ予定が入っています。

嬉しいような緊張するような。

 

 

まず、

①特定検診。

近くの会館で集団無料検診です。

糖尿病や高脂血症などで、結果は目に見えて良くないだろうと思ってます。

情けない話ですが、一人では行けないので、主人が休みを取ってついてきてくれます。

 

 

 

②毎月の精神科受診。

 

 

その2日後に、

③主人と娘と3人で京都にある高野山真言宗正寿院と言うお寺の天井画を拝観しに行きます。

 

 

天井画で思い出すのは、これも主人と娘と3人で旅した福井県曹洞宗大本山永平寺です。禅の道場とも呼ばれています。

 

 

 

 230枚?の絵が埋め込まれていて、唐獅子2枚・鯉2枚・リス1枚を見つけると願いが叶うとかだったと思います。

 

圧巻でした。


f:id:amgmc:20180228113157j:image
 

 

 

 

正寿院にはフォトジェニックなハート型の窓もあるそうです。

 

 

 

 

④大相撲3月場所

できれば入待ちもしたいと思っています。

 

 

⑤月末に私の父と会うことになりました。

2ヶ月に一度の割で父と孫である私の娘は会っています。

今回は父が私の主人に会ってみたい(一度長男が中学生の時に体育大会を見に来ているので校長だった主人を遠目ではみているのですが、私の主人としては紹介していないので)と言うので、会うことにしました。

 

 

父は若い子が行くようなカフェでも抵抗を持たず入ってくれるそうです。

 

主人もそのへん平気なので、お店は娘が予約してくれることになりました。

 

 

 

 

父に会うのは何年ぶりかな。

 

 

それプラス

⑥母との面会です。

 

 

私にしては少しハードな気もしますが、これらの日を楽しみに頑張れそうな気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村