鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

鬱な私でも前向きになれる

昨日は夕飯の準備をしていたのですが、主人が帰って来て、「外に食べに行こう。」って。

 

 

準備したものは冷蔵庫へ入れて出かけました。

 

 

長男を実家のある堺市まで送って行ったので、本当はもう外には出たくなかったのですが、主人にすれば、ほとんど家の外へ出ない私を少しでも連れ出そうとしてくれたのだと思います。

 

 

外出時は主人の運転ですから。

 

 

 

外食と行っても、珍しいところでもなく、ファミレスなんですけどね。(笑)

 

 

 

娘が結婚するまでは、娘が調べて色々なお店に行ったなぁ。

 

 

野菜が売りの大阪福島の菜の音(なのね)


f:id:amgmc:20190725230256j:image

このお寿司のネタは全て野菜なんです。

ヘルシーですね。

 

 

当時は娘は仕事をしていたので、福島駅で待ち合わせをして行った記憶があります。

 

 

三人でアイシングクッキーの手作り教室に参加したこともありました。

 


f:id:amgmc:20190725231004j:image

 

 

クローバー珈琲?だったかな。

厚焼き玉子サンドイッチ。


f:id:amgmc:20190725231132j:image

 

娘とは旅行も行ったなぁ。

三泊四日で四国、小豆島。

一泊二日で東尋坊

日帰りを入れたら挙げられないほど。

 

 

娘と長男と四人では京都の漫画ミュージアムにも行きました。

 

 

次男は彼女が中心なので食事だけ。

 

 

でもこうしてみると思い出いっぱいです。

 

 

主人とはこれからも思い出作りをしていきたいと思います。

 

 

数年前に行ったグァムにも近いうちにまた行きたいねと話しています。

グァムはホテル室内は禁煙だけど、バルコニーならOKだったので(笑)

今はもう全面禁煙かな。

 

 

 

韓国にも行きたいな。

 

 

 

そんなことを常に考えていられたらレキソタンは不要なはずなのに。

 

 

やはり夕方はきついです。

 

 

それでも前向きに工夫しながら乗り切っていこう。

 

 

苦しい過去も楽しい過去も全部私のものだからね。

 

 

ほんと、ブログの存在がありがたいと、しみじみ思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村