鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

決して不審者ではありません

認知症予防の一つとして毎日化粧をすると良いと聞いたことがあります。

 

 

母は若い頃から化粧を欠かしたことなったのになぁなどと、予防法のたった一つのことに引っ掛かったりしています。

 

私は昨日主人と主人の友人と出かけるために久しぶりに化粧しました。

 

鬱病が発病するまでは朝起きたらコーヒー飲みながら一番にしていたことなのに、今では億劫で全くしません。

時には顔を洗うのもやっとと言うときもあります。

 

面倒くさがりと言うのもありますが、とにかく動作を起こすのが辛くてと言うのが本音です。

 

 

今、化粧をするのは乗馬するとき位でしょうか。

 

 

病院へ行くときも母の様子を見に行く時もスッピンにマスク、ストール、アームカバー、時にサングラスの出で立ちです。

 

この暑い時期にです。

 

人の視線を避けるためにカバーしていることがかえって目立っているのかも知れません。

 

そんな私と並んで歩く主人は嫌じゃないかな?と思って聞いたことがあるのですが、主人は「○○(私)が一番楽な姿でいいよ。回りの視線関係ない。」と言ってくれました。

 

が、やはり少しは気遣わなくてはいけないなぁと思っています。 

 

毎日は無理でも、時間はかかったとしても身だしなみの意識は持っていきたいと思います。

 

 
f:id:amgmc:20170805005215j:image

 


にほんブログ村