鬱な私の日日日記

鬱病。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

精神科受診日

本日は定期精神科受診の日でした。

 

 

最初は世間話…。

 

 

私の好きな相撲の話からオリンピックではどの競技が好きですか?とか聞かれ。

 

 

柔道です。と言えばメダルラッシュでしたね〜。と先生。

 

 

馬場馬術も見たいけれど、マイナーだからかテレビに映りません。

 

 

 

自傷行為については頓服で調整して、様子見して下さい。って。

 

 

苦手な外出時には服用していたけれど、頓服に頼ってはいけないと思い控えていたら、もし一錠でダメな場合はもう一錠飲んでもいいらしい。

 

 

そか。いいのか。

 

 

聞いていた主人は「飲み過ぎたらアカンねんで。」と釘をさす。

 

 

先生「うんうん。」💦

 

 

離れて暮らす父にメールしたり、東京に出向している次男にLINEしたりしてることを伝えると、「小さなことでも変化があればいいですからね。」って。

 

 

そして「ご主人がすべてのmashanさんを受け入れてくれているのだから、自分でもまるまる自分を受け入れてあげて下さい。」

 

 

 

「はい。」

 

 

 

しかし、今日は待ち時間長くて、ずっーと話続けていた夫婦の旦那さんの声が耳に障りイラッとしました。

 

 

お薬もらってDOUTORに向かっているときに、乗馬クラブのK先生から電話がかかってきました。

 

 

ずっと休んでいるから心配してくれていたみたいです。

 

 

私の病のことも理解してくれている先生なので安心です。

 

 

「また落ち着いたら復帰しますね〜。」と言って終わりました。

 

 

 

長男が今日からうちへ来るので荷物を取りに行きました。

 

 

前夫の話によると、長男は昨日コロナワクチン2回目接種して発熱したみたいです。

 

 

ロキソニン渡しておいたので、それを服用したら落ち着いてバイトに行ったとか…。

 

 

大丈夫かいな?

 

 

私は何も役に立たない自分だと責めますが、先生が言うように、存在が周りに良い影響を与えていることを認めましょう。って言ってくれるので、私も家族の心配くらいはできるんだって認めてみよう。

 

 

 

胃の不快感はまだ治らないので無理に食事せず(朝は薬の関係でそれができないけど。)食べれそうになったら食べてみる。

 

 

ねばならないは今はなし。

 

 

鬱な私の日記でした。

 


にほんブログ村