躁鬱な私の日日日記

鬱病から躁鬱。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

束縛されない今の私

今日のカードは柱·煉獄杏寿郎さんと炭治郎くん。

 

 


f:id:amgmc:20211116143603j:image

 

“うまい❢うまい❢うまい❢”

 

 

昨日は15時頃から睡魔が襲ってきて、もうすぐマイルチャンピオンシップパドックだよって時に布団へ行ってしまいました。

 

 

それからと言うもの、主人は「パドック始まるでぇ。」「相撲始まるでぇ。」と声かけしてくれましたが、首を横に振るのが精一杯。

結局見られず。

 

 

それでも主人は怒ったりしません。

 

 

考えれば、前夫からの嫌がらせが始まったのも、私がPTA役員で活動し始めた頃からで(過去記事にも当時の事記してます。)、でも今はどんなに遅くなっても寝ていても怒る人はいません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ恐怖の日々が続きますがこのへんで。

 

 

改めて、主人が「mashan、自由やねんで。こうして僕と一緒にいれば楽しいこと見つけていける。誰からの拘束もないよ。」と言ってくれます。

 

 

その開放感を新聞をポストに取りに行った時に感じたのでした。

 

 

夜に急に主人がキッチン周りのタイルや冷蔵庫等々の掃除をしてくれました。

 

 

「mashanは座っとき。」

 

 

ありがとうの言葉では足りないです。

 

 

主人は「自分が何かをする時には楽しんでする。不満に思うならしない方がいい。」と言う考えなので、私に恩を着せたり一切しません。

 

 

鼻歌を歌いながら。

 

 

精神的に不安定な私をいつも自然体で見守ってくれています。

 

 

ありがとう。

 

 

おやすみなさい。

 

 

躁鬱な私の日記でした。


にほんブログ村