鬱な私の日日日記

鬱病から躁鬱。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

精神障害者保健福祉手帳常に携帯

今日は本来早出の出勤の主人が、同僚の方の都合で遅出出勤になりました。

 

 

 

帰りが19時まわるので、私としては早出のときに比べて不安感が…。

 

 

 

精神障害者保健福祉手帳の期限が今年の7月末です。

3ヶ月前から申請できるようなので、またボチボチ精神科の診断書をお願いしないといけません。

 

 

診断書を書いてもらうのに、かなりの時間を要します。

 

 

 

これいつも困ります。

 

 

 

まぁ先生も一通二通ではありませんからね。

 

 

 

初めて交付を受けたのが平成28年です。

 

 

 

私は大阪市内の公共交通機関の無料パスをもらっているので精神障害者保健福祉手帳は必要です。

 

 

韓国語教室に通っているときにはなんばまで大阪メトロ御堂筋線を使用していましたが、提示を求められたことはありませんが、いつ求められてもいいように携帯してました。

 

 

 

先日、大相撲観戦の時にもなんばまで使用しましたが精神障害者保健福祉手帳持参して行きました。

 

 

 

いつも鞄に入ってます。

 

 

 

 

思えば初めて申請した時には少しの抵抗があったことが思い出されます。

 

 

 

私は障害者なんだって。

元に戻れる日は来るのだろうかと。

 

 

 

でも今の状況では、ありがたく思っています。

携帯電話会社でも、僅かですが割引を受けられていますし。

 

 

何を言っても一日でも早くこの病から脱出できるのがいいのですが簡単には行きません。

 

 

 

まだまだ波は大きいですし。

 

 

 

ただ毎朝カーテンを開けることができるようになって自分では進歩したなと思っています。

 

 

 

前までは布団から出ることすらできなかったですから。

 

 

 

小さなことも感謝して前を向きたいです。

 

 


f:id:amgmc:20220323080825j:image

晴れ。

 

 

夜からは雨予報。

 

 

 

躁鬱な私の日記でした。

 

 

 

 

 


にほんブログ村