鬱な私の日日日記

鬱病から躁鬱。三度の結婚。ほんとの幸せって何だろう。認知症の母のことを含めて前夫との関わり、複雑な関係性の中で生きてます。一人で外出できない私の日常をつらつらと綴りたいと思います。

朝に起きられるのは良い傾向

一昨日、父が住む枚方で“くらわんか花火大会”が行われたそうで、ぶらぶら歩いて見に行ったそうてす。

人が多かったので道端でそっと見ていたみたいです。

 

 

 

綺麗やった?と聞いたのに、その返信はなく台風のことが心配と全く花火と無縁の返事が来ました💦

 

 

 

長男は夕方から出かけて行って帰りは遅くなる。と。

また帰ってくる。だって。

 

 

 

そこから実家に自転車で帰るのです。

で、翌日は仕事。

足も痛めていると言うのに病院へも行かずに大丈夫なん?

 

 

 

大丈夫!と一言。

 

 

 

私は眠剤飲んで先に寝てしまった為に主人がお見送りしてくれたみたいです。

0時頃帰ってきて帰ったのは0時半だったそうです。

 

 

 

主人はいつも1時くらいに寝るので問題はなかったそうで。

 

 

 

主人も無理して起きてる人じゃないので、帰りが遅ければ寝てたと思います。

 

 

 

朝にViberで連絡してみたら、もう普通に歩けるとか。

ほんまかいな。

 

 

 

 

今日の曜日感覚は日曜日。

平日の感覚なしです。

 

 

 

朝6時半に一度目覚めて二度寝

主人は早出なので、そのまま起きていれば良かったのにそれもできず。

 

 

結局半時間程で主人に起こされてしまいました。

 

 

 

前のように起こされても起きられなくて布団の中から寝ぼけたまま「いってらっしゃ~い」は無くなったので良いかな。

 

 

 

ベランダから手を振ることもできてますし。

 

 

 

何より一緒に朝食を取ることができてるのが私にとっては良い傾向。

 

 

 

5年日記を読み返しても昼まで寝た。ばかりの記録でした。

 

 

 

昼寝は仕方ないとして朝に起きられるのは私にとって大きな変化。

 

 

このまま維持できますように。

 

 

 


f:id:amgmc:20220906083619j:image

曇りのち雨、34℃予報。

カーテンを開けることができました。

 

 

 

鬱な私の日記でした。

 

 

 

 

 


にほんブログ村